九龍誕生と崩壊 2003年5月上旬



そして仲間と共に金を貯め、5月初めについにVdを作り、最初の街である九龍(クーロン)を作った。
はっきり言って町作りはよくわかっておらず、ルーンマスター無しで建物をつくったりしていた。
ルーンマスターがあると人が来ちゃうと思っていたからなぁ。
当時(今もだが)Vdは殺伐とした世界観が気に入って集まった悪者集団であった。
なので当然狩り場でも力づくの行為が横行していた。
そして当時最大のJPギルドであったZepherと狩り場で揉める。コレが今後を決定づける事になるのであった。
街を作って1週間程した頃、Zepherから通達が来た。
何やら色々条件があったが、かいつまんで言うと「属国になれ。さもなくば潰す」という物。
そんなもの飲めるわけがないので蹴り飛ばして「やれるもんならやってみろ」という返事を返す。
さあここで皆のモチベーションが急上昇w急ピッチでレベリングを開始した。
始めてのWARだし、R5にはしておきたかった。



結局俺はR4半ばまでしかもっていけなかったが…この頃VdはMorloch Joint Trade Cityを愛用していた。
いつもそこに集まり、リザードマンを狩りに行っていたなあ。
今敵であるUNのメンツとも良く一緒にGRPを組んでいた物だ。
ROCのcheee02とかも馬場仲間っぽく思ってたなぁw



そしていよいよZepher戦当日。だがWARは敢えなく敗北。
数としては30を揃える事ができたのだが…
ここで我々はレベル不足、知識と経験の不足を痛感するのであった。